面接は緊張するから苦手という人は、これは上がり症だから仕方ない、どうしようもないと諦めている場合が多いですね。

面接時の注意点について

面接で緊張する人は表面的なことにこだわりすぎている

面接時の注意点について 面接は緊張するから苦手という人は、これは上がり症だから仕方ない、どうしようもないと諦めている場合が多いですね。残念ながらそのままではなかなか成果が出ないどころか、仕事をし出したらずっとそのコンプレックスは付いて回ります。

ではなぜ、緊張するのでしょうか。そのメカニズムを知ることが克服のカギであり、意外に簡単なことであったりします。簡単に言うとご自身の性格が原因であり、成人であれば意識して日常から考え方を変える訓練によって改善することができます。まず一つ目は、他人というものは自分が思うほど自分のことを見ていないという理解をすること、二つ目は、だから完璧である必要はないということです。いいところを見せようと、うまくやろうとすることが緊張を作る原因です。多少失敗してもどうもないと開き直れるということが改善の糸口になります。面接官は、別にうまく喋ってくれることを望んでいません。面接者のことをできるだけ詳しく知りたいわけです。要するにうまくまとめて話せなくても、その人なりに一生懸命話せば、面接官は一般的にそれをくみ取ってくれます。重要なのは熱意があるかどうか、自身の表面ではなく内に秘めた思いを一生懸命伝える努力をすることです。