最近では面接が苦手という人が多いですね。

面接時の注意点について

面接が苦手という人は自問自答する訓練を

面接時の注意点について 最近では面接が苦手という人が多いですね。昔に比べて若い世代のコミュニケーション能力が落ちたということが言われますが、SNSなどテキスト上では元気でも、いざ直接話すとなるとそうもいかないケースが多いようです。

学生まではペーパーテストの出来だけでほぼすべての課題がクリアできていましたが、社会人になると逆にペーパーテストの出来に頼ることはできなくなります。いくら偏差値が高くても、人とコミュニケーションを取れないとなると、これは深刻な問題になってしまいます。面接が苦手という人にだいたい共通しているのは、自分のことをよく知らない、つまり自分自身について考えているようで意外に考えてないというケースです。例えば、志望動機を聞かれたとき、長所や短所を聞かれたとき、さらにそれらの質問をさらに掘り下げて聞かれたとき、普段から自問自答していないと当然ながら答えは出てきません。日頃から反復練習で考えるということがとても大切で、この訓練を続けることで自然と言葉が口から飛び出すようになってきます。実際にしゃべるわけではありませんから、通学中の電車内とか何かの待ち時間とかを有効に活用します。自分に対して、これでもかとしつこく質問をしていきましょう。