求人数が増加傾向にあるといっても、条件の良い仕事はまだまだ少ないです。

面接時の注意点について

面接は第一印象でほぼすべてが決まる

面接時の注意点について 求人数が増加傾向にあるといっても、条件の良い仕事はまだまだ少ないです。正社員はもとより、アルバイトについても人不足の業種以外では意外にまだまだ競争率が高かったりします。出来れば割のいい仕事に就きたいと思うのはみな同じ。競争に勝つには、やはり他の人より抜きんでいる何かが必要です。

どうすれば採用されるかというマニュアルはいくつもありますが、実践している人はまだまだ少数ですね。特にアルバイトの応募については面接を軽視されている例が多いようです。いくら立派な履歴があったとしても、採用担当者が拒否反応を示しては通るものも通りません。何より第一印象が肝心です。面接の受け答えの前に、担当者と応募者の出会いはまずその見た目から入ります。だらしない服装なんてもってのほかですが、たかがアルバイトだからとあまりにカジュアルであったり華美な服装はいけません。業種によっては髪の色もしかりです。例えば接客業で働くということは、お客様からの目線ではその人がアルバイトか正社員かなど一目には分かりません。つまり、アルバイトだから許されるというものではなく、その人の身なりがそのお店の印象に直結するということです。働くからにはそういう責任感をもって面接に臨むべきです。