面接が苦手な人がよく勘違いしているのは、うまく喋る必要があると思っていることですね。

面接時の注意点について

面接はうまく喋るスキルが必要なのではない

面接時の注意点について 面接が苦手な人がよく勘違いしているのは、うまく喋る必要があると思っていることですね。苦手というコンプレックスを自覚しているから、他人が人前で流暢に喋るのを見ると、余計に自分がダメに思えて、委縮してしまうからでしょう。

でも、冷静に考えてみれば分かりますが、面接は司会や挨拶とは違います。面接で求められていることが何かということを理解すれば、それだけで緊張はほぐれます。さらにいい会社のいい面接官ほど、本質的な部分を見抜く力を持っています。マニュアル通りの受け答えに自分の考えがないことはすぐに見抜きますし、逆にうまく話してもらわなくても、理解力が高いためにその人が言わんとすることをきっちり受け止めてくれます。一方、うわべしか見ないような人が担当者として居座っている会社は、上司へのおべんちゃらだけで昇進するような会社で先行きが暗いと言えますね。仕事に対する理解度や熱意をしっかり持って、一生懸命話したが落ちてしまったというならば、そういう風に前向きに受け止めるべきです。もちろんちゃんと伝える努力ができたかどうかは検証する必要がありますね。考えがまとまっていることによって自信がつき、緊張もほぐれるようになります。